初期費用はどれぐらい?姫路の賃貸

   

国宝姫路城を有し、最近は外交人観光客の数も増えている姫路市。お城だけでなく、国内でも激しいといわれる「けんか祭り」も行われます。グルメでは「生姜醤油のおでん」等も有名ですね。近代的な街並みでありながら自然も多く、どこか懐かしい気持ちにさせてくれるとても魅力的な街です。
今回は「実際に住んでみたい」という方に向けたお役立ち情報をお届けします。ズバリ、「姫路で賃貸物件を借りた場合の初期費用はどのぐらい掛かるのか」を見ていきます。これからの季節、引っ越しシーズンでもありますからね。
生活の基本、衣食住のなかでも住まいはやっぱり気になるところです。かと言っていきなり購入は難しいですよね。ということで、「どのような物件なら平均してどれぐらいの家賃なのか」を中心に初期費用に関する情報をお届けします。

賃貸の家賃、平均はどれぐらい?

家賃は全体の費用を簡単に計算する際の、重要な指針にもなります。もちろん立地条件や間取りによって異なるのですが、おおよその平均値としてみることは可能です。そこで、間取りと家賃の平均を簡単にですが纏めてみました。
一部屋構成(ワンルームから1LDKまで含む)の場合は、4.83万に対して全国平均5.03万となっています。この間取りだと、全国と比較して約2千円ほど安いことになりますね。二部屋構成だと5.45万ですので、こちらも全国平均である5.88万より安めです。これが三部屋構成では、6.11万に対して全国平均6.70万となります。いずれにせよ、全ての間取りにおいて全国平均を下回っています。
家賃で見る限りは、お得な感じではあります。首都圏ではない等の理由も考えられますが、この点で言えば住みやすい街に分類できるといえるでしょう。

実際にかかる費用を考えてみましょう

先程家賃の平均を見てみましたが、初期費用は家賃だけではありません。敷金や礼金、不動産屋さんに払う紹介手数料があります。場合によっては保証料も必要になります。セキュリティ面に関しては、鍵の交換も大切でしょう。火災保険へも加入しなければなりません。引っ越し費用も必要になってきます。
条件により異なるのは、家賃だけではありません。例えば敷金礼金不要の物件に入ることができれば、その費用は必要なくなります。引っ越し費用も単身なのかファミリーなのかで変わってきます。
では、全て込みで大体いくらぐらいかかるのでしょうか。およそ「家賃の4.5~6か月分」であるといわれています。家賃が5万円であればおよそ30万程度は見ておくべき、ということですね。
必要となる費用を計算したうえで、しっかりと物件を見極めることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

姫路の賃貸ならおしゃれな部屋を探そう

一人暮らしでアパートなどに住む場合、下手に部屋に傷をつけたりすると原状回復の際に多くの費用を払うことになります。そのため部屋の内装が気に入らなかったりしても、おいそれと改造することはできません。持ち家...

ペット可の賃貸を姫路で探す

行き先を選択する場合、現代では賃貸の条件の中に「ペット可」のところが多くなっています。これから犬やネコなどを飼い始めたいと思っていたり、或いは既に何かしらのペットを飼っている場合など、特に引っ越し先は...

初期費用はどれぐらい?姫路の賃貸

国宝姫路城を有し、最近は外交人観光客の数も増えている姫路市。お城だけでなく、国内でも激しいといわれる「けんか祭り」も行われます。グルメでは「生姜醤油のおでん」等も有名ですね。近代的な街並みでありながら...